小顔になる方法が盛りだくさん【気になる小顔整形事情をチェック】

花と女性

小顔になるには

女性

小顔になるは大変か

女性なら誰しもが憧れる小顔。生まれ持って小顔の友達をうらやましく思ったことがある人も多いでしょう。小顔になる方法というのは世の中にたくさんあります。それはマッサージであったり整体であったり、あるいは美容整形であったりします。今回はその中でも特に美容整形によって小顔になる方法にスポットを当ててみたいと思います。ひと昔前まで、小顔になる方法の中でも、美容整形と言うのは非常に大変な手術を伴うものでした。思うに骨を削る、骨を取るあるいは切るといった外科手術が中心でした。そのほとんどが全身麻酔であり、リスクの大きさはここで説明するまでもありませんでした。また、施術が大がかりになればなるほど必要な金額と言うのも大きく跳ね上がります。1度の施術につき100万円以上がかかると言うのもザラにありました。小顔にはなりたい、しかしそこまでのリスクを背負うことができないし外科手術を行うほどのお金もない。ほとんどの女性がそう考えて小顔になる美容整形を諦めたことでしょう。しかし最近では、より小さなリスク、そしてより少額の費用負担で小顔になることができる美容整形が登場しています。それもひとえに、より多くの女性が小顔になる方法を求めたためでしょう。その代表的なものはボトックスです。ボトックスと言うものは簡単な注射によって小顔を実現する美容整形です。その簡単さゆえにプチ整形の代表的な1つとして有名になっており多くの女性が既に挑戦をしています。続いてボトックスの詳細についてもう少し説明をしていきたいと思います。

ボトックスの効果とは

ボトックスとは、ボツリヌス菌と言う最近をものすごく希釈したものを注射針によって注射する美容整形です。小顔にするためには、主に、顔のエラにあたる部分の筋肉に注射をします。ボツリヌス菌により、エラの部分にあるものを噛む筋肉が麻痺します。これによって発達してしまった筋肉が盛り上がらなくなり、伴ってエラが縮小され、小顔になると言う仕掛けです。ただし筋肉を麻痺させるといっても、注射されるボツリヌス菌は、非常に薄く希釈されているので、心配はありません。少し物を噛む力が弱くなると言った事はあり得ますが、話をすることができなくなる、あるいは笑顔を作ることができなくなるといったような心配はないと言って良いでしょう。顔の大きさが気になっている人、その中でも特にその原因が発達しすぎてしまったエラの筋肉である場合、このボトックスつまりボツリヌス菌は非常に有効な小顔手段となりえます。自分の顔の大きさの原因がエラの筋肉のせいかどうかを確かめるためには、まずエラの部分に手を当てて、ものを強く噛むように顔かみしめてみましょう。その時大きく盛り上がれば盛り上がった分だけ、筋肉が発達していると言うことになります。ボトックスを美容外科で受ければいいのです。病院にもよりますが、安いところでは数万円程度からあります。プチ整形と言われるだけあり、注射1本で非常に簡単に施術が終わります。ただし効果は永久的ではなく、数ヶ月ほどでボツリヌス菌の効果が切れると言われています。これはデメリットでもありメリットでもあります。万一の失敗に備えることもできますし、ボトックス治療が自分の子顔に向いているかどうかも判断することができます。